バンクイックから借り入れをしている金額が全額返済ができるチャンスがあるのであればぜひ一括返済をしましょう。
一括返済をするためにはバンクイックに連絡をすることから始めます。
第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに連絡をして一括返済の日程を伝えます。
思い立ったらすぐ、という気持ちもわかりますが利息も支払う必要がありますので第二リテールアカウント支店に連絡をして完済予定日までの利息を計算してもらうことになります。
ATMからバンクイックカードを使って返済をすることになりますが、完済予定日として申告した日程に完済をしましょう。
その日に向けた利息計算となっていますのでそれ以降の日程になると利息が増えます。
そのため計算のし直しが必要になります。
第二リテールアカウント支店専用ダイヤルは受付時間が決まっています。
・平日 9時から21時
・土日祝日 9時から17時
・年末年始の12月31日から1月3日は休業
この時間内に連絡をして完済額を確認しましょう。
バンクイック 口コミで借り入れている金額が少ないのであれば一括返済は難しいものではありません。
借り入れている金額が大きくなると一括返済は簡単ではありません。
それでも少しでも早く完済をすることで利息の支払いを減らすことができます。
返済額は元金だけに占められているわけではなく利息もあります。
元金は返済する金額ですが利息は支払う金額です。
支払うものは少しでも少なくするべき、主婦の方にはその大切さがわかるはずです。

それではバンクイックの特徴を見ていきましょう。
詳細は後々詳しく見ていくとして、まずは大きな特徴を知ることでどのような使い方ができるのか知ることができるはずです。
融資限度額は最高500万円となっています。
銀行としても消費者金融業界から見ても平均した額になっていますので特出した特徴ではないものの、総量規制がある消費者金融で借り入れをする場合の金融業者の限度額と、総量規制の無い銀行系の限度額は意味が変わってきます。
総量規制がありませんので年収の3分の1の範囲を超えても借入ができるのがバンクイックです。
利用限度額によって金利が決まりますので、借り入れる金額がいくらであろうと限度額が高く設定されれば金利は低くなります。
もう一つ、大きな特徴はATM利用手数料が無料であるということ。
一般的に消費者金融や銀行でも借り入れをするにも返済をするにも提携ATMを利用するときには必ずその利用手数料がかかります。
その金融業者に支払うための手数料ではなく、提携先のATMを利用することになりますので言ってみれば使用料です。
提携先に対して支払うことになりますので通常はどうにもできない金額ではありますが、バンクイックは違います。
三菱東京UFJ銀行ATMを使っても、それ以外の提携ATMを使っても利用手数料が無料、つまり三菱東京UFJ銀行バンクイックが負担しています。
ここではメリットだけを取り上げましたが当然バンクイックにもデメリットはあります。
そのデメリットを知ってバンクイックを知りましょう。

キャッシングと過払い金の関係って?!

Posted 3月 17th, 2015 by 管理人

みなさんは過払い金という言葉を聞いたことがありますか?最近ではそれほど騒がれていませんが、ちょっと前までは、テレビのニュースなどでも報道されていましたよね。
過払い金(グレーゾーン金利)とは、消費者金融、クレジット会社などの貸金業者が、利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことを言います。
現在の日本には、キャッシングの利用者が1400万人以上います。彼らが、知らず知らずのうちに取られ続けていた、払い過ぎた利息が、過払い金なのです。
キャッシングをすると、利用者は貸金業者(消費者金融など)に利息を払わなければなりません。
日本では、昔から、利息制限法という法律で「総額10万円〜100万円未満のキャッシングについては、18%以上の利息は絶対に取ってはいけない」と定められています。
しかし、多くの貸金業者(消費者金融など)がこの法律に違反し、18%以上の利息を長年にわたって取っていました。
当然、裁判が起こり、最高裁判所は「貸金業者(消費者金融など)は、利息制限法で定められた以上の過払い金(グレーゾーン金利)を、キャッシング利用者に返還しなければならない」という判決を出しました。
これ以降、カードローン 比較利用者は、過払い金の請求を次々に行っていきました。そして、その過払い金返還により、消費者金融が大きなダメージを受けたことは言うまでもありません。これに耐えられず、倒産していった消費者金融も数少なくありません。現在では法律も改正され、このような過払い金が発生することはなくなりました。

プロミスの在籍確認は避けて通れない?

Posted 2月 21st, 2015 by 管理人

借入れする時の審査で気になるのが在籍確認で、いくら会社名を出さないとは言っても、上司や同僚に知られないかと不安を感じる方もおられますが、プロミスなど含めて貸し出す側から見れば申込者の返済能力を知るために勤務先への電話は致し方のないことだと思います。
在籍確認は電話に必ず出なければならない訳でもなく、会議中とか営業で外に出ている時、「○○は外出中です」とか「○○は会議中ですので電話に出られません」等本人がその会社に所属している事さえわかれば在籍確認が取れたという事になるようです。
気を付けなければならないのは、大きな会社の場合所属部署を正確にしておかないと「そのような人はおりません」と言われてしまうと審査に通らない可能性があるので注意が必要になりますが、どうしても在籍確認は困るという人は、プロミスでは書類を提出する事で在籍確認がとれたという事になり電話での在籍確認を回避することも可能なようです。
それには申し込みの際、たとえば会社の電話がナンバーでヒスプレイなどがついているのでわかってしまうなどを理由に在籍確認の電話を掛けてほしくない事を伝え、必要書類(会社発行の健康保険証、直近の給料明細書、社員証)などを揃えて提出すれば在籍確認の電話を回避することができるようです。
このように気になる在籍確認ですが、在籍確認が終ればプロミスの審査を通過する可能性が高くなると思って少々の不安はあると思いますが、案外取りこし苦労に終わるかもしれません。

バンクイックは学生でも借入可能?

Posted 2月 9th, 2015 by 管理人

学生のうちって、意外とお金を使うものなんですよね。学費や教材費などでの出費が多い学部の人もいるでしょうし、サークルや飲み会などつきあいの多いことで出費がかさむという人もいるでしょう。また資格を学生のうちにとっておこうと運転免許など取得にかかるお金もあると思いますし、学生のうちだから!とお金がないけど海外旅行に行こうとする人もいるでしょう。
アルバイトで稼いだお金で足りない分を学生ローンを利用する人や、一般のカードローンを利用して工面する人もすくなくありませんが、こうしたローンって金利が高いんですよね。学生のうちはちょっとのお金も惜しいもの。なんとか利息負担の少ない低金利のカードローンを利用できるなら利用したいですよね。そんな学生さんにもおすすめなのが、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。
バンクイックはパートやアルバイトなどで原則安定した収入があるのであれば申し込み可能なカードローンです。短期のバイトなどだと安定した収入と認められにくいので家庭教師や塾のアルバイトなど長期的なアルバイト先のほうが審査には有利になります。バンクイックは銀行カードローンなので安心の低金利です。
ただちょっとネックになるのが、学生の場合には申し込みは可能なのですが、利用限度額は10万円以内、契約には親権者の同意が必要となってきます。親に内緒で借りたいという場合、また30万円などもっと借りたいという方には向かないカードローンとなりそうです。

お金が必要になった時の対処法

Posted 2月 4th, 2015 by 管理人

普段生活を続けているなかで手持ちのお金では足りず、そのためにお金を借りるということがあります。
たとえば住宅を購入するは住宅ローン、新しく車を購入するときはマイカーローン、子供が大きくなると教育ローンといったように大きなお金が必要になったとき、ローンを組めば銀行でお金が借りられます。
お金を借りるということでは、このような目的ローンのほかに消費者金融のキャッシングや銀行カードローンがあり、これらの商品は日常生活の中で、一時的な借入をする目的で作られたローンで、目的ローンより少し金利は高くなりますが、一度契約をして借入限度額が決まればその範囲内で何度でもお金が借りられるシステムで、たとえば50万円の融資枠が決まれば50万円までお金を借りることができ、返済を続けて借入残高が30万円まで減るといつでも20万円まで借りられます。
目的ローンは融資を受けるには、担保設定や保証人や審査に必要な必要書類をそろえて審査を受けることになりますが、審査時間に時間がかかり、すぐに借りられるという性格のものではありませんし目的以外に利用することはできません。
融資が決まって借入をするとあとは返済のみになり、新たに借入をするときは再度申込から審査を受けなければなりません。
消費者金融の即日審査キャッシングや銀行カードローンは、自分の信用度だけでお金が借りられるので保証人や担保が必要ないので人に迷惑をかけることもありませんし、急いでお金が必要な時でも即日融資で申込めば、申込みをしたその日に融資が受けられます。

30日間無利息のキャッシング

Posted 1月 28th, 2015 by 管理人

急な出費に非常に役立つのが、即日融資 カードローンのメリットです。
しかし、借りた分には利息を付けて返済しなくてはいけません。
この利息が以外と大きな負担となるのです。
例えば30万円を、30日間、金利18.0%で借りた場合の利息支払い額は
30万円×18.0%÷365日×30日=4,438円の負担となるのです。
あと数日で給料が入金になる間に、この利息を支払うなんて……
そのように考えられる方にとっては、30日間無利息で借りることのできるキャッシングをおすすめします。
今回は、その中でも特に人気の高い2社を紹介しましょう。
?プロミス
三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、初回利用者に対して30日間無利息サービスを提供しています。
その条件は、プロミスポイントサービスに加入すること。
審査のスピードも早く、平日の14時までにインターネットで申込すると、即日融資も可能です。
パートやアルバイトの方でも利用可能という幅広いターゲットを有しています。
?レイク
新生銀行グループの消費者金融で、「ほのぼのローン」のCMはお茶の間でも有名。
初めての利用者を対象に、「借入額5万円まで180日間無利息」もしくは「借入額全額30日間無利息」のローンを選択できます。
インターネットから24時間申込可能、当然即日融資にも対応しています。
女性スタッフがすべて対応するレディースローンも人気の商品です。

キャッシング初心者が陥りやすい問題

Posted 1月 26th, 2015 by 管理人

キャッシングを始めて利用する方は、自分が初心者であり、キャッシングを甘く見てはいけないということをよく心に留めておかなくてはいけません。キャッシングは借金であるという意識が薄いと簡単に借金地獄に陥ってしまい、最悪の場合は自己破産手続きを取らなくてはいけないくなります。そのため借金をしているという自覚と、しっかりとした返済プランを立てておかねばなりません。
キャッシングはカードローン 審査申し込みが簡単になり利用もしやすくなったため、さまざまな方は気軽に利用できるようになりました。しかし気軽に利用できるようになったがために、借金であるという意識を持つのが難しくなっています。また返済していれば限度額の範囲内で何度も引き出せてしまうため、預金感覚で利用してしまう方が少なくなく、気が付いたときには利息が膨れ上がっていたということも珍しくありません。
そうした状況を何とかしようとして、他社からお金を借りて返済するという使い方をする方がいますが、そういった使い方は非常に危険です。一見返済できたかのように見えますが、結局新たな借金を作って負担を増大させただけで何の解決にもなっておらず、多重債務者となってしまうだけです。新たに借りたところで状況を悪化させてしまうだけなので、「借りて返す」ということは行わないでください。
多重債務、債務整理や自己破産しないためにも、借金をするという自覚を持ち、返済計画をしっかり立てましょう。自分の収入に見合った金額だけを借り、きちんと返済していけば、大きな問題に陥ることはほとんどないでしょう。

消費者金融のユニズムを利用する

Posted 1月 24th, 2015 by 管理人

消費者金融のユニズムは三重県鈴鹿市に本社を置く消費者金融で、口コミでは金融ブラックでも融資が受けられるといった評判の高い中堅消費者金融です。
ユニズムの金利は15.0%〜20.0%、融資限度額は原則50万円となっています。
以前は自動契約機「大吉くん」を三重県の津市、四日市市、鈴鹿市に設置していましたが、現在は自動契約での新規の受付は停止していいます。
ユニズムは三重県を中心に融資しているようですが、現在はインターネットを使い、全国的に振り込み融資を展開していて、インターネットネット口コミサイトの評判や評価はよく、金融ブラックでも借りられる正規の消費者金融業者です。
申込から融資の流れはホームページから申込書に記入し、送信すると審査がおこなわれ、審査結果や必要書類の案内がメールで連絡がありますので必要書類をメールかFAXで送信すれば審査結果の案内が電話で伝えられたあと指定口座へ振込をしてもらえます。
契約書類は後日郵送で送られてきます。

ユニズムは他のキャッシング会社のように無担保借り入れ枠は取らず、借入希望額にたいして審査をおこなうので融資限度枠内で何度も融資を受けることはできません。
そのため追加で融資を受ける場合は再度審査という形になりますが、口コミ情報によると一括返済をすると追加融資が受けられない、との情報もあるので気を付ける必要があります。
口コミの評判では対応も良く、受付から融資までの流れがスムーズで実績もあり営業年数も長いことから安心して利用できるキャッシング会社といえます。

大手消費者金融の中でもプロミスとアコムは特にサービスが充実しています。
現在の消費者金融業界ではトップ2とも言われているほどです。
即日融資の可能性が非常に高く、パートやアルバイトでも申し込みができ、返済方法借入方法も充実しているばかりではなく初めての借り入れであれば30日間無利息まであります。
キャッシング ランキングと比べると金利は高いものの、短期間の借り入れであればいずれも30日間無利息期間を活用できれば利息を抑えることができます。
低金利といわれる銀行カードローンだけが選択肢ではないということです。
どちらも充実している消費者金融のプロミスとアコム、充実しすぎているだけにどちらを選択するのか迷ってしまうものです。
そんなときには持っている銀行口座で選ぶというのはどうでしょうか。
三井住友グループの完全子会社であるプロミスは、同じグループ内の三井住友銀行とジャパンネット銀行を持っていることで活用の幅が広がります。
申し込み段階でもプロミスの自動契約機だけではなく三井住友銀行カードローンのローン契約機が使えるほどです。
その他、借り入れや返済にも役立ちます。
口座引き落としを基本の返済方法としながら、それに加えて随時返済ができる環境を整えておくことがキャッシングの秘訣です。
その方法は便利であり、かつ手数料無料でなくてはなりません。
余裕があるときに随時返済をしていくためには不便であれば面倒が生じ、優良であれば躊躇するものです。
プロミスの会員ページから行うインターネット返済は、手数料無料でいつでもどこでもインターネットにつながるデバイスさえあれば利用することができます。
その対応銀行の中に、三井住友銀行とジャパンネット銀行があります。
借り入れも振込キャッシングでは銀行営業時間外の手続きでも三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を受け取り口座にしておくだけで24時間365日振込キャッシング実施時間になります。
プロミスとアコム、どちらの消費者金融がよいのか迷ったときには所有している銀行口座も参考にしてみましょう。
改めて銀行口座を開設するよりも役に立つはずです。